"魔女と魔法使いの宅急便"
           森は、全ての命を支えるお母さんだ!!                          アースダイバーヒーローズプロジェクト  
           【 フルボ酸鉄イッパイ の 地球 】    
     「無殺菌天然伏流水というめぐみを飲んで、                                      地球を救うヒーローに変身しよう

 弱小な私が、体をはってやれることがおじちゃんが都市に住む家族のために、山菜を送るように、代行で安全な伏流水をお届け出来ないかという事と其で生まれる余剰金で未来の大人を育てるオルタナテイブな学校とその方々を育てる、ご老人が住まうオルタナテイブな養老院併設ロールモデルの創出なのです。 此れはあの世から見たい僕の魂の景色です。
私の中に住む、アニメ「狼子供の雨と雪」がそうさせるのです。  
森という乳房が魔法のようにつくりだすオッパイ、天然無殺菌伏流水。「森のおっぱい天然水」
この天然無殺菌伏流水「森の天然水」からの活動に賭ける私の想いを載せます。

その1
伏流水で生まれた余剰金で(二千名から稼働開始)オルタナテイブな学校や養老院を支援するロールモデルを先ずこの山形から全国に向けて細やかでも一ヶ所創出すること。  

その2
伏流水は(映画アレクセイと泉を見てください)放射能の影響が一番低く、生でも安心して飲める唯一の自然水です。薬草のフィルターを時間をかけて通過して、浄化されたミネラル豊富なお水を飲んでデトックスして優しくわけあえる人を増やすこと。

その3
そのお水で本当に五臓六腑が喜ぶ食卓を日本中の食卓に創ること。  

その4
法改正をオルタナテイブな学校認可や原発停止同様に伏流水でも目指して、時代に合わせて市民で変えていける法体系を有する国に皆で育てていくことが出来る、一つの例を社会に示していくこと。新しい日本人の創出です。
此れはいずれ、海外にあって日本にはない様々な原料と交換できる国の宝に育っていくことに繋がるものと信じています。それで未来の子供たちが背負う赤字国債を減らしていきたいと思っています。日本ほど、広葉樹が豊かゆえに、フルボ酸鉄を含む軟水無殺菌ミネラルウオーターを有している国はありません。今なら日本中の山をこの東北のような割合の樹木に戻せます。しかし禿げ山になってからでは、到底不可能です。いよいよ水を育てて行くことが、人間に与えられた使命だと思います。

その5
それによって海外のエビアンやボルビック同様に、日本の伏流水を生で販売できるシステムに仕上げて(お水販売会社エアーさんの増田社長のお力を借りて)その水は地産地消させ、売上の3分の1 は地元のオルタナテイブな学校や養老院に活動資金としてもう3分の1で森を育てる活動資金に活かしていけるシステムを創ること。これによりグローバル資本主義ではないシステムを生み出すきっかけの一つに育てて行けたならと考えています。

その6
このロールモデルを全国に普及させて、地元の伏流水が地元の教育や福祉を支えるシステムを創り、地元が地元で考えて消費して役立てていく「思考」を育てていくこと。

その7
伏流水が豊かではない地域には市場にのせない、今私がチャレンジしている形を更に精度をあげて、供給して支えてあげるシステムを構築させて、里山と都市に新たな絆のある繋がりを創ること。

その8
その事で忘れがちな自然界の恩恵を何時も飲んでいる伏流水を通して身体で感じる「場」を子供たちに提供し、其処で感じてこられた地元の元職人から智恵を伝授させて貰える養老院に住まわれる「ヴィンテージピープル」の方々との、血縁を越えた繋がりの「場」を普段から当たり前に存在する形で提示すること。

その9
其処で有るもので家を建てたり、気候変化に(今年で終わるという温暖化。そして次は七十年続くと言われている寒冷化。東北の今の気候が東京、名古屋辺りに下ると言われています。太陽の力が弱まり、宇宙から入り込む放射線で地下マグマに与える影響が増えて、地震や噴火を誘発しやすくなると言われています。雲が地球を包む時間が増えて、太陽の熱や明かりが届く割合が極端に減るとのこと。そのために今から不耕起栽培で日照時間で短縮でも育つ農業技術の推進が急務です。同じ寒冷化の時期が江戸時代にありました。南仏でも大雪と津波が起き、今でも祭りの歌で言い伝えています。江戸の頃は寒さと食糧難で相当数の死者を出しました。)あわせての実験農場運営や自然界での遊びを通して、変化に対応できる未来の大人を創出していくこと。(ここに興味を抱いて頂くために八月から15名(皆様のご理解で今ジワジワとサポーターが増えています)でスタートしました伏流水の活動で、市場優先社会の為に捨てざるおえない様々な資源でジャムや木酢液、炭等をおまけとして「自然界 伏流水からの贈り物」として同封させて頂いております)

その10
結果今の閉塞感を生む、二項対立の思考が停止した、全体を全体のままに考えて実行に移していける「nonイデオロギッシュ」な社会に熟成、発酵させながら近づいていけるきっかけになるモデルを構築して、子供たちに手渡してあげることで、此処まで膨らんでしまった国債による、未来の子供たちに丸投げしている借金に大人からの解決案の一つとして手渡していける例に仕上げて行くこと 。

私の想い
私は自然界を壊したくないことと、設備投資しなくても出来る見本を体と汗で示したく、あえてケイトラと労力のみで、例えば一万人サポーター達成時には一日一万リットルを汲み上げ、五リットルのガロンボトル四本に仕訳して、一日に五百個梱包して発送する方法を選びました。
片道20分の林道を10〜15往復します。
此れを二十日間続けて一万人にお届け出来ます。
この方法の実行こそが私の想いです。
その想いも力になって、飲まれるお水に浸透していくと信じています。
そして私も弱い人間です。
だから一万人の賛同者を、もし得れたとしても、勘違いしてのぼせ上がらないようにとの、自分への戒めでもあるのです。


      繰り返し、繰り返し、繰り返しやってみる。            
           成功者とは、結果がでるまで諦めない人のこと。

 此れは皆の家のトイレに置いてある、日めくりに書いてある言葉です。
芳村思風氏の語録です。
何時も何時も発見して、用を足しながら励まされる毎日です。

山は素晴らしい浄化装置です。
山から川、そして海、そして世界は繋がっているのです。
牡蠣養殖の畠山さんは、海をよみがえらせるために山にたどり着かれ、その次は海を通して他国から届く海水にさえも着目され活動を広げられています。
きっといつのまにか気付いたら、広げるしかない状況になってしまったのだと感じています。

40年の時間を経て、植芝盛平先生の一霊四魂三元八力に繋がったことも不思議でなりません。 きっと伏流水の活動に入っていなければ、一生意味さえも深くに落としこんで、自分の活動の為の力には、還元出来なかったのだろうと思います。

ルイヴィトンでは、バッグの骨組みは代々ポプラを使うそうです。その為に山を所有して、広葉樹を守っているのです。このルイヴィトン代々の社長の考え方も、其処から発想が生まれていると思います。 まるで日本の神社仏閣が百年後に千年後に使える材を、キープして育てる為に、山を所有している図式と同じものを感じます。

日本をどうにか変えようと何時も壁にぶつかり続ける自分は、真壁昭夫さんのPHPから新書で出されているご本のお言葉を借りるなら、「本当に俺は馬鹿だよなあ〜」の連続の中から生み出されるヒントに、毎日毎日ひたすらに果敢に挑戦するしか能がないのであります。

そのお言葉とは、 「イノベーションを起こすためには、受け身の姿勢では難しい。なぜならば、イノベーションは、これまでになかった発想、問題を解決しようとする主体的な取り組みが出発点になるからだ。イノベーションを生み出すためには、まさに、過去の常識に決別しようという馬鹿者の発想が必要なのだ。」jungsangさんの二度生きる時代も同じことだと思います。だから今までの自分を一度殺さないとです。「チャレレンジすることは、まさに未知との遭遇だ。新しい発想、新しい情報、次から次へと未知の事象に対応していかなければならない。其で始めて個人の能力は向上していく。」
何時も始めは絵空事。 だから反発も沢山ありますが、そのたびにその理由は自分の中にあると発見でき、だからこそ直ぐに拘りを捨てて、より良い方向にプロセスを変更出来るのは、馬鹿なおかげだからです。今では有りがたいことと、本気で思えるのです。

此処で日めくりの、一日分全文を記させて頂きます。
「繰り返し、繰り返し、繰り返して、万端つきたこれ以上できることはないというところまでやる。それでもあきらめず結果がでるまで挑戦する。失敗は、その問題を乗り越える必要な能力とは何かということを教えてくれる。理性で考えるとこれ以上やっても無駄となる。万端尽きたと思ったときでも、なにくそ!と思えるかどうか。理屈ではない。何度失敗しても あきらめずにトライし続けたときに潜在能力がめざめて、自分流のやり方が見つけられるのです。個性はこの時に自然と作られていくのです。真剣に取り組めば取り組むほど、現実への違和感が生まれてくる 問題が出てくる。違和感とは、自分の持っている能力が、現実に存在するものよりも優れていることを表している。簡単に結果が出ることが、いつもよいことではありません。」


そしてもうひとつの対談から!広く理解して頂く為に!

インタビュウー者
「現代人の日常には実は現実がないのです。そうして私の事が大好きで私に一番関心が高い人達が現れ始めたと感じます。此れは小学校で生活科の授業を受けた世代辺りからです。エコや環境には意識が高いのに、外界や他者への関心が低いのです。」

其処で養老猛さんいわく、
「自己が政府公認になってしまったんですよ。僕らは米を食べるのだから、田んぼは他者ではなく自分そのものなのに、環境と呼んで自分から切り離してしまいました。だから空気も自分です。海も自分です。山も自分です。其処で自己が切り離されて自分探しが始まったのです。」

此れも、僕は此処に住んで二年過ぎて、伏流水の活動でことごとく壁にぶつかり、映画「狼子供の雨と雪を見ての」blogに書きましたが、やっと自分の中に伏流水や山や熊や様々を発見して、始めて環境ではなくなったのです。 もう自分そのものなのです。
そのおかげで、やっと四十年かかり植芝盛平先生のお言葉「一霊四魂三元八力」を解釈できる自分と出逢えたのです。 其ではじめて、見た目ではない、中心や軸を知ることが出来たのです。 此れは、自然界が教えてくれたと感じています。本当に不思議でなりません。

不耕起栽培で数々の自然界を、田んぼと言う現実に繋げられ、極端な日照時間減少が予測される、来年から七十年続くと言われているミニ氷河期に備え研究されている、岩澤信夫さんいわく
「ネオニコチノイド系の農薬で蜜蜂が消えた話です。この農薬は動物には安全だと言われております。普通の農薬は四百メートルから五百メートルしか飛散しませんがネオニコチノイドは四キロも五キロも飛散します。此れは神経毒で神経が犯され巣に帰れなく何処かで死んでしまいます。」(補足 繰り返しますが、以前のミニ氷河期は江戸時代。多くの人が寒さとなれない雪害と食糧難で亡くなっています。その時期南フランスでも飢餓と雪害と津波で多くの人が亡くなられ、その事を忘れずに言い伝えるお祭りがあります。僕はアセッションとは、地球変革時期の事と認識しています。この時期は、震災も増え、ものの考え方の逆転発想が必然になります。経済も国家間問題も地球変革時期には露出してくるのは、当たり前です。ですから天文学が盛んだったマヤやホピは計算上温暖化が終わり、急速に太陽の力が弱まり、それによって宇宙から届く宇宙線という放射線が地球に与える状況を予測して、未来のために言い伝えたのだと思います。その意味では江戸の頃よりもずっと大きな地球環境変革時期に、2012〜2013に突入したと読みとくべきと感じています。オカルト的に捉えるのは、脳の作用です。創造性の欠落です。現実は、オカルトよりも厳しく、間借りの人間に今後の地球の時代を突きつけて来ると思っています。備えましょう。その切り札に伏流水はなり得ます。)

養老孟司さんいわく
「其は僕もずっと気になっていましたが、木曾の山で虫をとったんですが、足を引きずっているのです。人間が自然にやって来たことが、最近になってボデイーブローのように効いてきました。此れは海の中でも相当影響がでて、漁業の衰退に繋がっています。」

此れがもしもジワジワと僕らの日常に影響して、同じ現象が脳梗塞やボケを早めていると考えても考えすぎではないと思うのです。家に帰りたがらないお父さん、子供も、家に愛着を持てないお母さんも性格ではなく、農薬の影響だとしたならば怖いことです。
だからデトックスが重要です。
伏流水のサポーターさんの一番最初の変化が、自然に外食しなくなった事と言われます。
外に安堵や満足を不思議に求めなくなるのです。
もしも妊婦さんが流産しやすいのが、この農薬のせいで子宮に着体されないのだとしたら、不妊治療の根本が違うことになると感じるのです。

岩澤信夫さんいわく
「自然界で耕して生育する植物は皆無です。つまり田んぼを耕す事は自然と反対の事をしているのです。そうやってワザワザ弱い稲を作り、化学肥料と農薬に頼って育てているのですから、そういう農業をするように誰かに仕組まれているとさえ思います。農協は不耕起冬期冠水栽培が普及すると困るのです。何故なら化学肥料と農薬と大型機械で儲けを出しているのですから。」

「本当に肥料不足の食料危機に備えなくてはなりません。化学肥料の原料は間もなく地球から枯渇します。殆どの化学肥料はアメリカから来ます。当然底をついてきたら、日本には来ません。間違いなく飢餓に国民は苦しむことになるでしょう。」

養老孟司さんいわく
「僕は食料問題はエネルギー問題だととらえています。食糧は水を含んでいますから重量があります。流通が止まってしまったら、都市には行きません。食べ物を遠くから持ってくるのは贅沢です。食の流通には外国のエネルギーでまかなわれています。我々は一生懸命働いて、外国からエネルギーを買い求め、それで外国産の食べ物を運んできて食べているのです。東京は自給率1%ですから、流通がストップしたら成り立ちません。」

ですから伏流水も早くにこの活動でデータを構築して販売したうえで、地産地消させて、東京などの伏流水がない地域には市場にのせない形で供給して、代わりに違うものを差し出す、物々交換システムの構築を急いでいるのです。例えば何を交換するかと言うと、例えば労力です。それで農業や林業を手伝う仕組みです。勿論素人ではいるだけで邪魔です。だからこそ、其れを習う意味を、もうひとつ作り、身体性の教育と言う今抜け落ちている部分を補足するのです。
当然先生は高齢者です。
だから生活製作労働訓練校と養老院を併設して、若者がご老人をサポートするのです。
尚且つ学校教育の抜け落ちる部分を補足できるはずです。社員教育には素晴らしい結果を生むでしょう。

そしてイノベーションの向上による、サバイバルチャレンジャー候補を社会に創出させていける身体を持ち合わせて会社に返すようなシステムを構築したいのです。
そのような若者や子供が溢れる日本になれば、此処まで貯まった赤字国債にも様々な解決策を見いだしていけるはずです。 特に今ならギリギリ回復できる場の広葉樹を回復させて、日本中の伏流水を世界に向けて販売するシステムが出来たなら、海外の鉱物とも充分に取引できる強みを持っています。これ程に綺麗で栄養価の高い無殺菌天然水を保有する国は、殆どないのです。其は、赤字国債を減らす重要な切り札になると信じています。

オルタナテイブな保育園と学校(モデルはアメリカマサチュウセッツのサドベリースクールです)を更に併設して、勿論その学校にはオリジナルメンバーの生徒もいますが、都市から積極的に夏期冬期休暇に招いて、子供の頃から農業、林業、大工など当たり前に出来る大人を育て、小さい頃から都市と田舎に家族ぐるみの交流を作れば、震災などの時に全家庭が避難できる地域を確保して行けるはずです。
自給率が仕方がなくあげれない地域は、率先して普段から其処の農業や伏流水や林業を利用して守るシステムを、この伏流水代行汲み上げ応援サポーターシステムをきっかけに全国に創りたいと急いでいるのです。
青年は会社が一ヶ月二ヶ月と派遣させ、その経験から柔らかな思考を会社に持ち帰る。
会社は其処からの材で社員食堂をつくるなど絶対に可能なのです。
此れから岩澤信夫さんが仰るように、都市のマンションのベランダで稲作を実行しなくてはならない現実が訪れます。そのためには、誰もが作れる栄養豊富な水を使った不耕起栽培キッや、僕が一番気にしている此れからの七十年氷河期で、都会でも暖をとれる炭を利用した煙の出い、煙突のいらないペレットストーブなども開発して行きたいと思っているのです。


お試しコースは、2013、2、1から解禁決定
 お試し期間  一ヶ月20リットル限定、三ヶ月のみ 《当初お試しコースは、使い捨てボトルにてワンウエイ方式で三ヶ月でしたが、使い捨てボトルでは志に反するので、リタナブルボトルで行うことになりました。ご理解のほど宜しくお願いいたします。)
        
        費用  5000円
        送料は別途ご負担頂きますのでご了承下さい。
        そのまま入会ご希望の方は、初期投資の消耗品代金が、1000円割引の
        4000円になります。

     「フルボ酸鉄イッパイの地球と私」の活動に参加されて
         伏流水WORLD「出羽の国 御所山の伏流水」を頂く方法

参加費 会費 年間一万円 (汲み上げの経費と伏流水を通して、様々な変革に繋がるための活動費  とご理解下さい。あくまでも法改正達成までは、お水は無料との共通認識をご理解下さい。)
先行投資 五リットルガロンボトル 五本から六本(二年耐久可能)      
     使い捨てキャップ一年分 五十個      
     二年耐久可能段ボール 一個  
     ボトルの台座、給水口 各 一個 以上の経費五千円
送料は個人持ちです  因みに関東で月一回20リットルご利用場合
    月一回の往復送料×12ヶ月+会費一万円÷240リットル=一リットル¥160
    会員二千名達成時には、1リットル¥130 
    会員一万人達成時には1リットル¥100まで送料が安くできます。
      ご希望の方には一口会費内では、一ヶ月40リットルまでは、頑張ってお届け致しま      す。 それ以上は申込口数を増やしてください。その場合二口目からは消耗品        代金はサービスさせて頂きます。
振込先 山形銀行東根支店
    普通預金 818402
    縄文百姓芸術団 あらえびす 代表 東出 融

    郵貯銀行 記号10090 番号 82729591
                     東出 融

    振込み金額 サポーター会員ご希望の方 15000円
          お試しコースの方 5000円
    会費有効期限 入金日から一年間

 映画ペイフォワードのように善意での行動とお伝えしあって広げて頂けることを切に願います。ご協力宜しくお願い致します。 1980年スイスでは、原爆や原発事故の放射能から、ヨーロッパの人々の命に関わる安全でデトックス効果が高い水を守り確保するために、レマン湖の水を伏流水の仕組みと同じにして、地下に空気に触れない状態で流しながら保管しています。それだけ危機に対する手立ての実行が、我々よりも如何に速いかに驚かされる、事実の現れです。


          「森のおっぱい」お申し込み方法
お申し込み メールにて  御名前 御住所 お電話番号をお知らせください。               おって此方から、振込先の口座をお知らせ致します。                 sonzaiallstar@docomo.ne.jp sonzaiallstar@gmail.com
    999−3722 山形県東根市大字泉郷甲808                              縄文百姓芸術団  あらえびす 代表 東出 融                            電話番号 0237−44−3288                                080−5139−6127

様々な身体操作法と自然界や復興等で今起きている本当のことなど、blogに載せております。是非ともお読み頂きたいと思います。 日本に来ている危機の壁は、すぐそこですが、霧で見えなくされています。どうか自動販売機で買うお水をこの伏流水と交換して下さい。      http//ameblo.jp/112255horumonryugi/



Android携帯からの投稿